admin⇒

中央大学杉並高等学校 国際ボランティア同好会

≫活動報告

 | ~home~ |  next→

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“届けよう、服のチカラ”プロジェクト

本校の生徒会および国際ボランティア同好会の生徒たちが“届けよう、服のチカラ”プロジェクトに参加します。このプロジェクトは、ユニクロがUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とのパートナーシップのもと取り組む全商品リサイクル活動です。本日は、ユニクロ社員の方に「服が持つ役割とは?」や「難民とは?」、「本プロジェクトについて」などを説明していただきました。今後は、知識として学ぶだけでなく、実際にポスターや回収ボックスを作って、着なくなった子ども服を回収します。回収された服は難民の方々など、服を必要とする人のもとへ届けられます。

3.jpg  2.jpg
スポンサーサイト

ハガキ集計ボランティア

先日、チャイルド・ファンド・ジャパンの書き損じハガキキャンペーンのボランティアに参加しました。生徒たちは、ハガキがどうのような支援に変わるかを学び、全国から集まったハガキや切手の金額を計算する作業をしました。書き損じハガキを通して、途上国支援の仕組みを理解する良い機会になったと思います。お忙しいところ、お時間を割いていただき、ありがとうございました。
          チャイルドファンドジャパン

鍵盤ハーモニカ清掃

JHP・学校をつくる会の楽器清掃に参加しました。JHPでは、カンボジアのすべての学校で子どもたちに音楽教育が行われることを目的に、日本から楽器を送って、音楽教師の育成、音楽コンテスト、楽器の配布を行っています。生徒が清掃した楽器は、今年の秋ぐらいにカンボジアのプノンペンに到着するそうです。生徒たちは、楽器清掃をするだけでなく、途上国における情操教育の重要性を理解しました。お忙しいところ、お時間を割いていただき、ありがとうございました。
DSC03166_convert_20140317122014.jpg 

カンボジア ブランコ建設

国際ボランティア同好会では、文化祭、クリスマス公演におけるフェアトレードカフェの売り上げおよび募金をJHP・学校をつくる会の活動の一つであるブランコ建設に寄付をします。本校の生徒が大学に進学後、実際にカンボジアに行ってブランコを建設するスタディツアーに参加することも可能です。ブランコを小学校の校庭に作ることで、学校が始まる前に遊びたいから早くに学校へ来る子どもたちが増え、出席率が上がるという相乗効果もみられるそうです。
ブランコを小学校の校庭に作る費用は、10万円です。現在までの売り上げおよび募金金額は、81150円です。残りの金額を集めるために校内で募金活動を行います。カンボジアの子どもたちの笑顔のためにご協力お願いいたします。
ブランコ① ブランコ②

クリスマス公演

毎年恒例のダンス部と演劇部合同のクリスマス公演。地域の子どもたちが本校に集まり、サンタクロースと一緒に楽しい時間を過ごします。国際ボランティア同好会では、東ティモール産のフェアトレードコーヒーを販売しています。ちょっとした一息にコーヒーはいかがでしょうか。
クリスマス① クリスマス②

 | ~home~ |  next→

最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

活動報告 (47)
活動実績 (29)
未分類 (0)

訪問者数


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。